好(よし)!!

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ






突然ですが、私は料理が得意ではありません。

「下手です」とはっきり言わないのはわずかな虚栄心と、

ごくまれに美味いものが作れてしまう奇跡の腕を持っているからです。

作れるのは餃子とか煮物くらいなもんです。

今日はそんなエセ料理人“桃”による華麗なる台所事情をご覧いただきたい。










とある昼間。


13
「ペペロンチーノつくるで〜」





32
「具材切りーの」





15
「麺如でーの」





40
「ニンニクチップと唐辛子を油で揚げーの……」





04
「はッ!!!」





29
「唐辛子が……ない……!?」



「しまった! 唐辛子とニンニクはペペロンチーノの主役……
他の香辛料では代用できない、掛け替えのない材料なんだ!
それをきらしている事に気付かなかったなんて……俺は…俺は料理人失格だ!!」





51
「駄目だ……麺はすでに引き返せない所まで如で上がっている!
ペペロンチーノからペペローションに作りかえる事もできるが……
何か! 何か唐辛子に代用できる具材はないか!!?」



チラッ





16
「キムチ!!?」



「と…唐辛子だ…………よね?」





29
「キムチにはニンニクも入っている……魚介エキスも……
もしかしてだけど、これ入れたら美味いんじゃね?」



「ええ〜〜い」





28
「入れてまえ〜〜!!
麺の茹で汁と絡めてぇ〜!」



「ああ〜〜!?!??」





DSC_0738
「め、麺が!! 麺が竜巻をおこしている〜〜!!?
国を代表する食材たちが乱戦しているんだ!!
まるで……まるで日・韓・伊のバミューダトライアングルやぁ〜!!





02
「うわああああああああキムチ臭ぇぇぇぇぇえええええ!!!!!」





DSC_07462
「好! 完成!!」



「めっちゃ臭いけど、大丈夫かこれ……」





45
「どれ…いただいます……」





52
※脳内審議中





00
※脳内審議中





13
※脳内審議中





21
「・・・・・・・・・」





30
「!!!!」





45
「この辛味はキムチのものだけじゃない……
桃! テメエ何を入れやがった!?」






24
「ラー油です」



「ラー油だと!?」



「はい、イタリアンとラー油が合う事は以前からわかっていました。
オリーブオイルを控えめにして、
ラー油をキムチとイタリアンのバッファにしたんです。
キムチの白菜は細かく切っているので麺によく絡むはずです。
さらに辛くなりすぎないよう、
よく炒めたタマネギとアスパラガスを加えました」





20
「た…たしかにこの辛さと、ほのかな野菜の甘みがたまらん!」





16
「止まらん! も、もっとだ!! もっと食わせろ!!」





56
「ズルルルルルルルルルRuuuuuuuーーーー!!!!
これはもう……辛味と旨味の格闘技だぁぁ〜〜〜!!!」






38
「あびゃぁぁぁああああ!!! 美味ひぃぃぃ!!!!」





41
「桃…テメエなんちゅうもんを食わせてくれたんだ……
固定概念は食への探求を阻む、
自由な発想が生む新しい味を楽しませてもらったよ
和洋折衷とはよく言ったもの…俺もまだまだだな……」





28
「(でもこれ部屋の中めっちゃ臭くなるな……)」





38
「客を呼ぶときには出せないなぁ〜〜あはははは〜〜〜!」













食に国境線などない。

土地の食材、味付け、料理を作る人達、すべてが平等に尊い。

差別を捨てよ、偏見を捨てよ、その先に真の平和がある。

料理は世界共通の文化なり。

食は人間を豊かにするものなり。

味は無限なり。



38



桃華一番!
 〜 鮮紅血流ペペロンチーノ篇 〜


【完】






バナー モモ
調べたらキムチパスタって普通に有ったわ。















〈おまけ〉

DSC_0632

藤商事からの刺客「アレトロン」

キツすぎるチャッカーに、イジリー岡田の高速ベロのような羽根だが

当たれば2500発という尖ったスペック。



DSC_0634

役物内の抽選は完全にアナログ。

拾いさえすれば熱い熱い。ハネモノに分類していいのかな?

3000円入れて3回ほど役物に入ったけど、けっこうドキドキできました。

生涯釘が開く事のないであろう機種。残念。


−3,000円


スロット日記ランキング

人気ブログランキング