ギャン子ちゃんのイラストを永久に募集します。

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ








BlogPaint
ようぶん体操 <だいいち〜!






10
ヨーぶん ヨーぶん ヨーぶん ヨーぶん





19
養分でるけん でられんけん





17
ヨーぶん ヨーぶん ヨーぶん ヨーぶん





52
ベタピンうつけん 勝てないけん





18
ローイレ ローイレ サンドにローイレ





35
お金は大事!





59
養分〜 養分〜 養分〜

ウォッチッチ!





44
ウォッチ! いま何時?















32
CR稲川淳二 (丑三つ時)


−15,000円









こんにちは。最初からクライマックスでお馴染みのmomoです。

明日から関西への旅打ちを始めるつもりですが、

クソ重いMacBookを持って行くので旅先でもブログ更新はできそうです。

……できそうです。(するとは言っていない)


ところで、みなさんは旅をするときに必ず持って行く物はありますか?

着替えや貴重品は当たり前として、マイノリティな必需品というやつです。

私は文庫本を必ず一冊持っていくんです。

別にマイノリティっていうほどの物でもないかもしれないですけどね。文庫本の小説です。

小説って音楽と同じで、いつどこで読んだという環境によって味が変わるんですよね。

都会に行くときは何となくSFの気分で『星を継ぐもの』だったり、

山登りに行くときはこじつけで『魔の山』だったり、

実体験とフィクションを絡める事で両方を深く心に刻んで忘れずにいるものなんです。


んで、関西旅行にどんな本を持って行くのかですが、

関西の作家のイメージは谷崎潤一郎が一番強烈ですね。

谷崎は元々は東京に生まれ住んでいたのですが

関東大震災をきっかけに京都に移り住み、そのまま京に腰を据えたそうです。

京料理が、口うるさい美食家でも知られる谷崎の舌を誑し込んだのかもしれませんね。








住みつかぬ
 
旅の心や
 
旅炬燵



(芭蕉——元禄3年・京都での作)










終わりです。(えぇー!!?)

よい休日を!

ギャン子ちゃんのドスケベ画像⇒ブログランキング にほんブログ村